ビッグデータビジネスは産業そのものを変容させ、人間同士または企業とのインタラクションのあり方を再定義します。 これに伴い、仕事や生活、食事、睡眠、余暇の過ごし方も変わってきます。 以下に挙げる技術には、革新と知見に富み、発想のヒントとなるビッグデータのイノベーションが最大限に発揮されていると当社は見ています。

現実のビジネスと生活に対する影響

ビッグデータのイノベーションは、米国経済の5分の1近くを占める医療業界をほぼ全面的に変容させつつあります。 McKinseyはその削減可能額を3000~4500億ドルと推測しており、この金額さえ控え目な見積もりであるとの見方が優勢です。 エビデンスベースの医療は、患者に対する診断のあり方を変え、従来の治療法よりも代替療法の方が有効性(とコスト効率)に優れていることを頻繁に実証しています。 製薬会社は実際の状況に見出されたシグナルを用いて有害事象を追跡し、最も成功確率が高い薬剤に重点を置いた研究開発プログラムを実施することができます。 また、研究者や疫学者は疾病の発生のマッピングを行い、新種のバクテリアを分解して遺伝子成分を取り出して、ウイルスの蔓延を阻止することができます。 よりスマートなスクリーニング、個体群管理の強化、不正請求の低減、健康的な行動を奨励する医療制度、手術センターの運営の効率化など、ビッグデータはより健全な医療システムの構築に貢献しています (しかも、これ以外にゲノム医療やオーダーメイド医療の登場といったテーマまで存在するのです)。

ビッグデータを活用した最新のイノベーション、インサイト。
ビッグデータの導入・成功事例。NASAの紹介。 ビッグデータで宇宙の神秘を解明

NASA - ビッグデータで宇宙の神秘を解明

NASA以上に大量の興味深いデータを扱っている組織があるでしょうか。 一流の科学者が実際に1エクサバイト近くのビッグデータ(現在さらに増大中)を用いて何百もの衛星を周回させ続け、我々の活動やその成果が全人類に利益をもたらすよう、新たな領域へと踏み込み、未知の世界を解き明かすというビジョンを実践しています。 NASAは宇宙の神秘を解明するため、ソーシャルメディア上の噂などではなく、太陽系全域から「ビッグバン」データを収集しています。 スクエア・キロメートル・アレイ(SKA)は、何万もの電波望遠鏡からのデータを集約して宇宙の黎明期における銀河系の形成過程の解明を試みるプロジェクトですが、これに例を見るとおり、NASAは驚くべき革新技術をもってストレージおよびデータマネジメント環境の設計に取り組んでいます。 あらゆる宇宙船や無人ローバー、探査機、世界中の地上に設置された望遠鏡や天文台から収集した何万種類というフォーマットのデータにアルゴリズムを適用し、いずれ惑星科学がさらなる発展を遂げてから分析できるようアーカイブを作成しています。

音楽業界に見るデータ主導の「耳」と直感

音楽業界は長きにわたり、直感主導で事業を展開してきました。 どのアーティストと契約を結び、売り込むかという重大な意思決定はかつて、「耳の肥えた」エグゼクティブによって行われていました。つまり、トップチャートを飾るのは誰か、また、一発屋に終わったりまったく売れないのは誰かを直感で言い当てるプロセスだったのです。 しかしビッグデータは、その状況に変化をもたらしています。 レコード会社は、多様なデータセット(ダウンロードやソーシャルメディア上のコメント、商品の売上など)を収集して相互に関連付け、地理的データや時間データ(コンサートの開催地や日付、テレビ番組での紹介など)と重ね合わせます。 たとえば、「ヤバイ」という言葉が音楽ファンの間では好意を意味することを理解するには、意味分析やテキスト分析が不可欠です。 これが、明日のスターを発掘し、伝統にとらわれない指標(エンゲージメントなど)を確立するための必要条件なのです。 つまり、音楽業界にもデータサイエンティストの目線が必要な時代、ということです。

音楽業界に見るデータ主導の「耳」と直感
公益企業 - 電力の供給を超えたその使命

公益企業 - 電力の供給を超えたその使命

需要ピーク時やあらゆる気象条件下を含め、常に電力を供給し続けることが、電気・ガス会社が果たすべきデータ主導の責務の根幹にあります。 カリフォルニア州は、高度な分析プラットフォームを活用してシチュエーショナルインテリジェンスを確立し、強力なビジュアライゼーションおよびモデリングツールを用いてグリッド全体における需要と供給の変化を予測しています。 人々がいつどのように電力を必要としているかを映し出すため、リアルタイムでの可視化は必須です。 また、必要なデータは天気予報からリアルタイムのセンサーデータ、継続的な測定情報まで膨大かつ多様ですが、 これらのデータがなければ、需要と供給のバランスを最適化し、必要に応じ再生可能エネルギーを使用して停電や電力不足を回避することはできません。

Nike - 新たな市場の開拓

Nikeは、ビッグデータをまったく新しい市場への入口と見ています。 Nikeはすでに確固たる地位を築き上げてはいますが、利益性の高い価値ある顧客との関係をさらに強化し、発展させていくには、「just do it」のブランド精神と製品の品質だけでは十分とは言えないでしょう。 その点、パフォーマンス追跡および健康管理用ウェアからのデータ・情報ストリームは有用性を加味する可能性を秘めており、これらを活用して顧客との間により密接かつ持続可能な関係を常時維持することができます(高価値のさまざまなデータがそれに役立つことは言うまでもありません)。 Nikeの現在の製品ポートフォリオおよび市場における地位を効果的に補完するビッグデータは、新たな市場の開拓というNikeの革新的な取り組みの目的であり、手段でもあります。

Nike - 新たな市場の開拓
ITセキュリティ - ビッグデータでサイバー犯罪を防止

ITセキュリティ - ビッグデータでサイバー犯罪を防止

リアルタイムの脅威モニタリング、 情報収集とインテリジェンス共有の自動化、 無数のセキュリティシステム・レイヤー(物理的な保護を含む)間のスマートなリンク、 データ・動作シグナルモニタリングの継続的なリアルタイムループ。 サイバーセキュリティ専門家の多くは、これらをデータ侵害の横行に対抗するための有用な武器と見ています。 いわゆる「セキュリティ分析」を活用すれば、「脅威インテリジェンスネットワーク」内のシステムのいずれかで脅威(マルウェアや周辺機器の不正、不審なログアクティビティなど)が検出された場合に、システムのリスクプロファイルを自動的に調整(非常事態対応の執行など)できます。

ビッグデータで次は何をするのか?

誰がビッグデータ活用の勝ち組なのか?

ここではConstellation ResearchのRay Wan、ForresterのMartha Bennet、メリーランド大学のBill Rand、IDCのCarl OlafsonとDan Vessetがいくつかの顧客事例を共有します。ディズニーワールドや災害救援、地下採掘、靴販売チェーン、病院など様々なビジネスで顧客体験、作業効率、物通の改善やリスク低減のためにリアルタイムにデータを集め、ビッグデータ分析を行っています。

ビッグデータについてのさらなるアイディア

ビッグデータ技術は世界を変える。モノのインターネット(IoT)によりさらに多くの定性的、定量的データの収集が可能となり、良い意思決定と洞察が得られるようになります。ビッグデータ技術の活用により、企業はより効率的になり、競争力を強化することができます。ここではConstellation ResearchのRay Wan、ForresterのMartha Bennet、メリーランド大学のBill Rand、IDCのDan Vessetが今日のビッグデータについて語ります。